IATF16949公式研修機関ジャパン・プレクサス ホーム


お問い合わせお問い合わせ

公式AIAGトレーニングプロバイダー 公式AIAGパブリケーションディストリビューター

IATF16949セミナー資格試験

HOME > IATF16949セミナー/資格試験 > IATF16949APQP&PPAPセミナー

APQP&PPAPセミナー(2日)

IATF/AIAG “公式” APQP&PPAPセミナー

増設:< 2019年 10月9日(水)~10日(木)満員御礼 >
増設:< 2019年 11月14日(木)~15日(金)残席少>
< 2020年 2月27日(木)~28日(金)>
< 2020年 5月21日(木)~22日(金)>

APQP&PPAPセミナー研修目的

APQP&PPAPセミナーテキスト
APQP&PPAPはIATF16949で特に重視されるコアツールです。APQP&PPAPセミナーの研修目的は,顧客(自動車メーカー)から部品承認を取得するための,基本的考え方及び必要な業務の実践要領を学ぶことです。

APQPは,特に米国で進化してきた「プロジェクトマネジメント」を,自動車用の新規の部品開発プロジェクトに適用したものです。これは,プロジェクト全体を5段階に分ける段階的アプローチを採用しており,新部品計画の段階から始まって,顧客からの部品承認取得を経て量産段階に至る活動の要点をまとめたものです。
PPAPは,顧客から部品承認取得を得るための具体的な活動要領を,義務的要求事項として規定したものです。
> APQPとは
> PPAPとは



是非,実際にAPQP&PPAPセミナーを受講された方々のご感想をご覧ください!
> APQP&PPAPセミナー受講者の方々のご感想はこちら

APQP&PPAPセミナー研修内容

APQP&PPAPセミナー内容(コアツール)
◇ 新部品開発プロジェクト計画策定の目的・利点
◇ APQPの推進ステップ(活動項目)
◇ APQPにおいて考慮すべき事項
◇ APQPとIATF16949の関係
◇ PPAPの目的
◇ PPAP提出アイテム・提出レベル

APQP&PPAPセミナーの主な演習

APQP&PPAPセミナー演習内容(コアツール)
◇ 演習:新部品開発プロジェクト計画策定の利点
◇ 演習:APQPに基づく新部品開発(計画~試作)
◇ 演習:コントロールプラン開発
◇ 演習:APQPPPAPの関係

APQP&PPAPセミナーで使用する資料


APQP&PPAPセミナーテキスト
APQP&PPAPセミナーテキスト 【当日配付】
IATF (GM,フォード,クライスラーなど)とプレクサスが共同で開発したテキストを配付,使用します。




プレクサスのIATF16949セミナーが選ばれる理由

国際的な役割国際的な役割プログラムの質プログラムの質講師の質講師の質

APQP&PPAPセミナー受講者のご感想の一部のご紹介

APQP&PPAPセミナー受講者のご感想APQP&PPAPセミナー受講者のご感想
> APQP&PPAPセミナーのご感想はこちら

講師


弊社代表取締役社長
鈴木格

【自動車産業】 IATF公認 IATF16949審査員試験コース講師&試験官
【航空宇宙防衛産業】 IAQG公認 AS/EN/JISQ9100審査員試験官養成コース講師&試験官
ISO/TC176国際会議(品質管理・品質保証: ISO9001規格制定)日本代表メンバー (元)
米国プレクサス公認プリンシパル・マスタートレーナー
> 講師についての詳細はこちら

受講料


一般価格: 94,600円(税10%込)
会員価格: 85,140円(税10%込)
※ テキスト代,証明書代,昼食代を含みます。
> プレクサス会員制度の詳細についてはこちら

日程・会場


> 日程・会場についてはこちら

研修時間


◇ 1日目: 9時30分~16時30分
◇ 2日目: 9時15分~16時30分

備考


ご受講の際,お持ちの方は「APQP第2版スタディガイド」及び/又は「PPAP第4版スタディガイド」(弊社発行)をご持参ください。

お申込み方法


こちらの IATF16949セミナー/資格試験 お申込書LinkIconを印刷し,必要事項をご記入の上FAXでお申込みください。
FAX: 045-317-6398

お問い合わせ

セミナーの内容やお見積りなど,ご質問やご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください。
お問い合わせお問い合わせ

企業内(講師派遣)対応セミナー

APQP&PPAPセミナーは企業内(講師派遣)にての開催も可能になっております。
企業内(講師派遣)セミナー
> 企業内(講師派遣)セミナーについての詳細はこちら

このセミナーと併せて,よく一緒に購入されている書籍

APQP第2版スタディガイドAPQP第2版スタディガイド(日本語)

本書は,プロジェクトマネジメントを新製品開発に適用する場合の要領を規定したものであり,概念的にも具体的な要求事項としてもIATF16949の元になっており,IATF16949の規定内容を理解するために大いに役立ちます。本書は,先行製品品質計画(APQP)第2版(2008年7月AIAG発行 英語版)の日本語訳のページと、読者の理解を支援するコメントのページで構成されています。
APQP第2版スタディガイド(日本語)の詳細についてはこちら


PPAP第4版スタディガイドPPAP第4版スタディガイド(日本語)

本書は,納入部品の顧客承認を得るためにサプライヤー企業として良く理解し,遵守しなければならない事柄が記載されている重要な文書であり,生産部品承認プロセス(PPAP)第4版(2006年3月AIAG発行 英語版)の日本語訳のページと,読者の理解を支援するコメントのページで構成されています。
PPAP第4版スタディガイド(日本語)の詳細についてはこちら

このセミナーと併せて,よく一緒に受講されているセミナー

FMEAセミナー

FMEA(故障モード影響解析)は,IATF16949において特に重視されるコアツールの1つです。FMEAセミナーでは,製品やプロセスの失敗の発生を事前に予防する方法として故障モード影響解析の利点を理解し,設計FMEAや工程FMEAを実行し,適用するために必要な知識・スキルの習得を目的とします。具体的にはFMEAブロック図の作成,FMEAの推進ステップ,FEMAにおいて考慮すべき事項などを扱います。
FMEAセミナーの詳細についてはこちら


MSAセミナーMSAセミナー

MSA(測定システム解析)は,IATF16949で特に重視されるコアツールの1つです。MSAセミナーでは,測定における誤差(バラツキ)を科学的に評価する方法としてMSAの利点を理解し,適切な測定・評価を実行するのに必要な知識・スキルの習得を目的とします。具体的には,数多くの専門用語や測定システムの変動の種類と原因,計量値,ゲージR&R,グラフによる解析法などを取り扱います。
MSAセミナーの詳細についてはこちら

このセミナーの内容に関連する資格試験

コアツール資格認定試験コアツール資格認定試験(APQP&PPAP,FMEA,MSA,SPC)

本資格試験は,AIAGサプライチェーン・インスティチュートが開催するIATF16949認証制度運営元の公式資格試験です。本資格の取得を自動車メーカーや第1層サプライヤーの品質代表者が推奨しております。
コアツール資格認定試験の詳細についてはこちら

トップページトップページ
ISO/TS16949セミナー資格試験ISO/TS16949セミナー資格試験
ISO/TS16949書籍ISO/TS16949書籍
プレクサス会員プレクサス会員
お申込/ご注文お申込/ご注文
お問い合わせお問い合わせ



お問い合わせ TEL FAX

プレクサスが選ばれる3つの理由プレクサスが選ばれる3つの理由
お役立ち情報お役立ち情報
会社概要会社概要
よくあるご質問よくあるご質問
サイトマップサイトマップ
リンクリンク


IATF16949とはIATF16949とは
ISO/TS16949内部監査についてISO/TS16949内部監査について
ISO/TS16949サプライヤー監査員(SAC)資格とはISO/TS16949サプライヤー監査員(SAC)資格とは
IATF承認取得ルールとはIATF承認取得ルールとは
顧客固有要求事項とは顧客固有要求事項とは
公式解釈集及びFAQとは公式解釈集及びFAQとは
コアツールとはコアツールとは
PPAPとはPPAPとは
APQPとはAPQPとは
FMEAとはFMEAとは
MSAとはMSAとは
SPCとはSPCとは
自動車産業プロセスアプローチとは自動車産業プロセスアプローチとは
IATF16949用語集IATF16949用語集