IATF16949公式研修機関ジャパン・プレクサス ホーム

公式AIAGトレーニングプロバイダー 公式AIAGパブリケーションディストリビューター

IATF16949書籍

HOME > IATF16949書籍(本) > CQI-15 第2版スタディガイド (特殊工程:溶接システム評価)

CQI-15 第2版(特殊工程:溶接システム評価)スタディガイド New!

CQI15特殊工程溶接システム評価スタディガイド<日本語 書籍(本)>
一般価格: 50,600円 (税10%込, 送料別)
会員価格: 48,070円 (税10%込, 送料別)
サイズ:   A4版
ページ数: 67ページ
> ご注文書はこちら

> CQI-15英語版についてはこちら

CQI-15 第2版スタディガイドの詳細については以下の通りです。

【CQI-15 第2版スタディガイド 内容説明】

CQI-15は,特殊工程の代表格である溶接工程の適切性及び有効性を評価(監査)する方法をまとめたもので,GM,フォード,FCA US(クライスラー)などが共同で策定したものです。 

GM,フォード,FCA US(クライスラー)は,溶接工程の監査にCQI-15を利用することを「顧客固有要求事項」の中で,該当するサプライヤー企業に要求しています。

本書は,CQI-15特殊工程:溶接システム評価 (2010年3月AIAG発行英語版)の日本語訳のページと,読者の理解を支援するコメントのページで構成されており,主な改訂内容は以下の通りです。

1)ジョブ監査の質問と各々の工程表を統合。ジョブ監査工程表とした。
2)溶接システム評価の構成を大幅に変更。
3)要求事項に対する適合状況を 緑/黄/赤 で判定するスコアリングシステムを導入。
4)適合状況の指標を,評価項目数に対する適合数の割合(%)に変更。
5)「カバーシート」を全面的に改変。「総括情報セクション」とした。
6)システムの評価結果を「初回」と「今回」の2つ表示。是正/改善状況の評価のため。
7)溶接工程の新規追加:
  高周波誘導/高周波電縫管溶接   
  ファスナープロジェクション溶接  
  磁気駆動アークバット(MIAB)溶接
8)「溶接サステナビリティヘルスチャート」の導入。溶接品質を継続的に監視するため。

その内容は,IATF16949審査員試験コースの試験官として15年以上の実績を有する,プレクサスの講師が確認しています。

※本書は,IATF16949審査員及びサプライヤー企業向けのIATF/AIAG/米国ビッグスリー公認の研修コースを提供しているプレクサス社が,AIAG/米国ビッグスリー承認のもと発行するものです。

【CQI-15スタディガイドの構成】


AIAGについて
CQI-15 第2版 2刷の変更点
序文
謝辞
目次
はじめに
1. 適用範囲
2. 溶接システム評価手順
用語集

【割引特典】

プレクサス会員様には,スタディガイドを5%割引にてご提供致します 。

> プレクサス会員制度の詳細についてはこちら

よく一緒に購入されている書籍

CQI15特殊工程溶接システム評価英語版
CQI-15(特殊工程:溶接システム評価) (英語版)

本書は,米国ビッグスリー,日系自動車メーカーなどが共同で策定し,特殊工程の代表格である溶接工程の適切性及び有効性を評価(監査)する方法をまとめたものの英語版です。 
CQI-15(特殊工程:溶接システム評価) (英語版)についての詳細はこちら




お問い合わせお問い合わせ

トップページトップページ
IATF16949オンライン研修(eラーニング)IATF16949オンライン研修(eラーニング)
IATF16949セミナー資格試験IATF16949セミナー資格試験
IATF16949書籍IATF16949書籍
プレクサス会員プレクサス会員
お申込/ご注文お申込/ご注文
お問い合わせお問い合わせ



プレクサスが選ばれる3つの理由プレクサスが選ばれる3つの理由
お役立ち情報お役立ち情報
会社概要会社概要
よくあるご質問よくあるご質問
サイトマップサイトマップ
リンクリンク


IATF16949とはIATF16949とは
ISO/TS16949内部監査についてISO/TS16949内部監査について
ISO/TS16949サプライヤー監査員(SAC)資格とはISO/TS16949サプライヤー監査員(SAC)資格とは
IATF承認取得ルールとはIATF承認取得ルールとは
顧客固有要求事項とは顧客固有要求事項とは
公式解釈集及びFAQとは公式解釈集及びFAQとは
コアツールとはコアツールとは
PPAPとはPPAPとは
APQPとはAPQPとは
FMEAとはFMEAとは
MSAとはMSAとは
SPCとはSPCとは
自動車産業プロセスアプローチとは自動車産業プロセスアプローチとは
IATF16949用語集IATF16949用語集